fbpx
toggle

男を活かすも殺すも女次第~自分が変われば周りは変わる~

2018-10-06

今日もご訪問頂きありがとうございます。

幸せ結婚ナビゲーター葵です。

皆さんは自分も周りも幸せにできる人ですか?

 

今日はそんなことをテーマに書いてみました。

 

子どもの価値観

 

実は我が家には23歳の息子、20歳の娘、3歳の息子がいます。

2年ほど前までは、長男は「俺、結婚なんかしたくないわ」

娘は「どうせ男なんてみんな浮気するんでしょ」

と言っていました。

 

それもそのはずです。

今私は再婚ですが、最初の夫とは裁判で3年半も戦って離婚しました。

 

その間、子どもには沢山つらい思いをさせたので、そう思って当然だと思います。

 

 

それが!!それがですよ~。

先月、大事件があったんです。

 

 

大事件1)「俺、結婚なんかしたくない」と言ってた息子の変化

息子「ねーねー、俺が就職先の会社が土日がいいって言ってたの、なんでか知ってる?」

私「んーっと。友達と遊びたいから?」

息子「いやいや、俺最近、透麻(←3歳の弟)の面倒結構見てるじゃん。やっぱさ、子どもって可愛いよね。ひろ君(←再婚した今の夫)なんかさ、親ばかだな~って思うけど、透麻のことめっちゃ可愛がってるよね。

俺もさ、将来子どもが出来たら土日くらいは子どもにあーやって向き合って大事に育ててあげたいって思うんだよね

私「そ、そーなんだ(嬉しくて涙目)

 

ちょっと感動しませんか??

 

実はそのちょっと前にも、

息子「母さん、最近ひろ君と仲良いよね」

私「うん、そうだね。ひろ君優しいからね。

お互い再婚最初は未熟だったから、自分の勝手な期待の押し付け合いで大変だったけど、

今はお互いがどうしたら心地いいかがわかったから、イライラすることがまるでないんだよね。

夫婦にとって何が一番大切なのかわかったから

息子「そうなんだ。いいね、そういうの」

 

という掛け合いがあったんですよね。

 

 

あ~。子どもってちゃんと見てるんだな。

そしていろんなところで学んでいるんだな。

 

と実感した瞬間でした。

 

大事件その2)娘に突然彼氏を紹介された!!

今までは彼氏がいても、彼氏がいることをなかなか話してくれなかった娘。

私もそういう時代があったので、(無理に聞きだすのも良くないしなあ~)

と今まで、恋愛話を持ち掛けたことがありませんでした。

 

ところが!!つい先日のこと!!

 

娘「ねーねー、今日お母さん家にいる?」

私「うん、台風で仕事がリスケになったから、午後からはいるよ~」

「そっか、彼氏来るけど会いたい??」

私「え!ええっ!!あ、会いたい!!会いたい!!!」

娘「くすっ(笑) 会いたいんだ~(ニヤニヤ)」(やけに余裕な感じの娘・・・)

 

というわけで、突然彼氏がやってきた~!!!!

 

娘の彼氏とドキドキの初対面なわけですよ。

 

それがまた、イケメンで性格も育ちも良さそうな礼儀正しい男の子で。

手土産に私の好きなシフォンケーキを持ってきてくださいました。

 

(あー本当に娘幸せそう)

なんだか心からそう思ってほっとしたし、親の役目はこれでおわりか~

なんて思った瞬間でした。

 

その翌日からは娘からいろいろ彼氏の”のろけ話し”を聞かされたりするようになりました。

 

実は以前から、娘とは恋愛観や結婚観についていろいろ話してきました。

娘はとても洞察力の鋭い子で、私が再婚してから、

私自身の考え方や行動、旦那様への接し方がとても変わったことを娘はよく見て知っています。

 

以前娘にこんなことを聞かれました。

娘「ねーねー男ってさ、みんな浮気すると思う?」

私「うーん、好みの女性に言い寄られたら浮気しちゃう人が8割かもね。

だけど、奥さんが大事だから絶対浮気しない!!って思う意思の強い男性も1割くらいは

いると思うよ。ひろ君はそういう人だし。

娘「そーなんだ!なんかいいね、それ」

って話したんですよね(笑)

 

え?後の1割は何だって??

ばれるのが怖くてできない人。あるいは言い寄られもしない人もいるかも(笑)

 

自分が変われば相手も変わる。周りを幸せにできるかどうかはあなた次第!

最初の結婚生活では、

「私はこんなに頑張っているのに、なんで浮気するの?」

「こんなに仕事も家事も育児もちゃんとやっているのに、どうして優しくしてくれないの?」

って当時の旦那に対してずっと思っていた私。

 

今思えば愚かだったな~と思います。

 

そんな風に思っても相手には愛は届かない。

毎日頑張っているからって愛されるわけではない。

 

世の中で「正しい」って言われていることを一生懸命にやったからと言って

完璧な主婦を演じたって、パートナーが『居心地いい』と思ってくれるのか。

『愛おしい』と思ってくれるかはまるで別問題ですよね。

 

 

まだ若かった私はそんなこと気づきもせず、自分の正しさばかりを心の中で主張し

心の中で夫を許せなかったし、愛せていなかったのだ、と思います。

だから彼も私に向き合えなかったし、最終的には、弁護士さんに

「それはDVです」とまで言われるような夫婦関係になってしまいました。

 

ですが再婚した今は本当に心から幸せです。

 

パートナーが変わったから??いえいえ、それだけではありません。

 

私が変わったからです。

そして今の主人も、私に向き合い自分自身に向き合い変わってくれたからです。

今が出会ってから一番仲良しですが、お互いに成長し続けているからこそ、いつも新鮮だし

もっと好きになるし、お互いをリスペクトできるのだと思います。

 

愛され応援される環境を自分で作ろう!!

人ってついつい『自分が正しい』を主張したり、『頑張っているのをわかって!』

って思ってしまいがち。

でも、夫婦関係において健全なパートナーシップを築く上で(結婚相手以外とも)

それが一番いらない感情なんですよね。

 

私は心理学や脳科学を学び、心理カウンセラーの仕事を始めて、いろんな方と

向き合って対話していくうちにそれが、本当に心底はらおちしました。

 

【こんなお悩みありませんか?】

・35歳を過ぎた息子や娘がなかなか結婚しない

・職場の人との関係が上手くいかない

・恋愛してもなかなか結婚に至らない

・好きな人に本音を言えず我慢してしまう・・

・ついつい頑張り過ぎて疲れてしまう

 

そんな方は一度『良妻賢母育成プログラム1章』をご受講ください。

自分の間違った『思考癖』に気づき、『自分の心が満たされ人間関係がよくなる方法』が

学べます!!

 

◆170名が受けた大人気の良妻賢母育成プログラム1章!!

↓↓

★詳細と申込はこちら(残席2名です!)

日程が合わない方はこちらから

★10月26日(金)開催 

 

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ウルオイライフカウンセラー葵でした。

 

関連記事